豆乳飲むなら豆乳クッキーダイエットが簡単かも!豆乳を飲む効果やメリット!

豆乳ダイエットの定番なら『豆乳』を飲むことかもしれません!ここでは、豆乳の効果や気をつけることなどを紹介します。まず、豆乳を飲むことで簡単に痩せることができると考えている方もいるようですが、これは間違いといえます。豆乳を飲む効果は、太りにくい体質を作ることにあります。目に見える痩せ効果となると、いまいちかもしれませんね!ちなみに豆乳ダイエットの体験談や感想で『効果なし!』という意見も見受けられますが、これは豆乳を飲むタイミングにも関係があるような気がします。

そもそも豆乳クッキーダイエットも豆乳ダイエットの1つえすが、1食分146kcal程度を夕食に置き換えるため、適度な運動を組み合わせ、間食をしなければ結構痩せたりします。それに対し豆乳を飲むダイエット方法は、やり方にコツがあるといえます。

そもそも豆乳を飲む場合、食事の30分ぐらい前に飲むこと重要です。豆乳の効果を最大限に引き出すには、30分程度必要らしいです。反対に食後に豆乳を飲んでも、豆乳ダイエットの効果は得られないといいます!『痩せない!』という方は、食後に豆乳を飲んでいたりすることも多いようです。

さらに豆乳は、『無調整豆乳』を飲む必要があります!豆乳には、豆乳飲料・調整豆乳・無調整豆乳の3種類あり、当然ながら無調整豆乳が一番成分が豊富なわけです。さらに健康効果も期待できます!管理人は、無調整豆乳が飲めません!まずニオイと味ですね!だから豆乳クッキーダイエットに変えたわけなんですが・・・それでも頑張って豆乳を飲むなら、最初は味やニオイなどを調整した豆乳飲料からはじめ、慣れたら調整豆乳→無調整豆乳と変えていくといいです。結局、最後は無調整豆乳を飲まないとダイエット効果も期待できないわけですが・・・なお豆乳飲料を飲み続ける方法もありますが、実は飲みやすい反面、糖分・果汁も多いのでカロリーも高いことに注意しましょう!また豆乳飲料の豆乳成分は、無調整豆乳の半分以下です!効果を考えれば無調整豆乳なんですね!

一番大事なのことは、豆乳は飲むだけでは痩せないということ!豆乳には、アミノ酸が含まれていますが、このアミノ酸はそのままにしておくと体内脂肪に変わり、痩せにくい体質になるそうです。そのため、無調整豆乳を飲んでダイエットをする場合、アミノ酸を消費するために有酸素運動(できればジョギング、もしくはウォーキング!)が必要です!これは、豆乳系ダイエット全般にいえるのですが、効率よく痩せ効果を得たいならキチンと有酸素運動もするべきです!無調整豆乳が飲めないなら豆乳クッキーダイエット(間食NG)+ウォーキングがオススメですね!
posted by 豆乳クッキーダイエット at 20:48 | 豆乳ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。